プライベートエクイティファンドに転職するためのお薦め本2

プライベートエクイティファンドへの就職・転職における選考プロセスについては下記別記事において例示しているが、その中での面接スキルチェックにおいてはそれなりのレベルを要求されることがあるため、事前に書籍等で専門的な業界知識や財務知識、経営戦略や論理的思考の手法を学んでおくことは選考において有利となるだけでなく、シビアな選考の中で心に余裕をもたらしてくれる。

本記事では、私が選考の過程で参考にしたもの及びその後業務の中で役に立ったもののうち、経営戦略に関する書籍及び論理的思考能力に関する書籍をご紹介する。

経営戦略に関する書籍

経営戦略については、数々の書籍が出版されており、全てを読む必要はないが、戦略コンサルティングファーム出身者もおすすめしていた書籍を一覧でご紹介する。

 

以下は、言わずと知れたマイケル E.ポーターの競争戦略論である。非常に内容が多く、2冊にわたっているのでエッセンシャルだけをつかみたい方は、マイケル E. ポーターと近く仕事をしていたジョアン・マグレッタ著のエッセンシャル版を読まれると概要をつかむことができる。

[新版]競争戦略論I

[新版]競争戦略論I

 
[新版]競争戦略論II

[新版]競争戦略論II

 
〔エッセンシャル版〕マイケル・ポーターの競争戦略

〔エッセンシャル版〕マイケル・ポーターの競争戦略

 

 

MBAの教科書として良く採用されているジェイ・B・バーニーの企業戦略論である。古い本ではあるものの、示唆に富んだ内容であり、こちらもボリュームはあるものの非常に勉強になる本である。

企業戦略論【上】基本編 競争優位の構築と持続

企業戦略論【上】基本編 競争優位の構築と持続

 
企業戦略論【中】事業戦略編 競争優位の構築と持続

企業戦略論【中】事業戦略編 競争優位の構築と持続

 
企業戦略論【下】全社戦略編 競争優位の構築と持続

企業戦略論【下】全社戦略編 競争優位の構築と持続

 

 

戦略論の大家、リチャード・P・ルメルト著の戦略論に関する本も非常におすすめである。こちらは、某国内大手プライベートエクイティファンドの代表パートナーも推薦しており、一読する価値はある書籍である。

良い戦略、悪い戦略

良い戦略、悪い戦略

 

 

その他、アフィリエイトサイトのようになってしまうので、リンクは割愛するが、ビジョナリーカンパニーシリーズやブルーオーシャン戦略シリーズ、クレイトン・M・クリステンセンの著書が良く読まれている印象である。

論理的思考能力に関する書籍

論理的思考能力については、戦略コンサルへの就職サイト等によく紹介されている書籍がPE業界でも良く読まれている。一応挙げておくと以下のものである。 

考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則

考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則

 
ロジカル・シンキング (Best solution)

ロジカル・シンキング (Best solution)

 
戦略シナリオ 思考と技術 (Best solution)

戦略シナリオ 思考と技術 (Best solution)

 
新版 問題解決プロフェッショナル―思考と技術

新版 問題解決プロフェッショナル―思考と技術

 
仮説思考 BCG流 問題発見・解決の発想法

仮説思考 BCG流 問題発見・解決の発想法

 
論点思考

論点思考

 

 

以上がプライベートエクイティの面接にあたっての知識獲得のために一読をお勧めする書籍である。別記事では、プライベートエクイティ業界に関する書籍及び財務知識に関する書籍をご紹介しているので、ご興味のある方はご参考にしていただきたい。

 

pemensan.hatenablog.com