JAPAN MENSAへの入会方法

メンサとは

MENSA(メンサ)とは、1946年にイギリスで創設された、全人口の内上位2%のIQ(知能指数)の持ち主であれば、誰でも入れる国際グループです。メンサは、世界100ヶ国以上、10万人以上の会員を持つ国際的グループです。メンサはメンバー同士の知的交流の場を提供します。』とのこと。

その中で、JAPAN MENSAはつい最近正式な日本支部へと昇格した模様。メディアでの露出も増え、著名人の会員も増えてきたJAPAN MENSAへの入会方法を、実際の経験に基づいて記載してみる。

入会テスト

まずはJAPAN MENSAの公式サイトにおける入会テストに申し込みを行わなければならない。特に関東地方に在住の方にとってはここが最初にして最大の難関。私が受験した数年前では、東京都での開催枠は募集開始から数十分で埋まってしまうことも多く、かつ、いつ募集開始されるかが毎月不明であったため、受験を決意してから申し込みまでに約半年もかかってしまった。現在は、募集開始の予告があるため、ある程度申し込みのハードルは下がっているようだ。

申し込み戦略

上記のとおり、現在は募集開始の予告があるため不要となってしまっているかもしれないが、当時私が申し込みのために行っていた戦略を念のため記載する。

自動入力フォームを利用する

申し込みには氏名、住所、職業、電話番号、メールアドレス等の複数の入力項目がある。これらの入力に手間取ってしまい、申し込み画面までは到達できたものの、送信完了ボタンを押したところ既に定員オーバーになってしまい受験できなかったということが一度あった。それを避けるため、自分が受験できない他の地方の申し込み画面で一度入力をしておき、その内容をブラウザ等の自動入力フォームに学習させておくと、実際に申し込みを行う際に非常にスムーズに入力をすることができ、時間短縮につながる。

顔写真を事前に準備する

もう一つ申し込みにあたって準備が必要なものとして、顔写真のデータがある。データ形式がjpg/pngで、1MB以下であれば、証明写真ほど固いものでなくても問題ないが、この顔写真はテスト会場での本人確認に使用するほか、合格した場合は会員証の写真としても使用されるため、顔がはっきりと判別できる写真が良い。私は、免許証の写真をスマートフォンで撮影、加工して提出した。これを事前に準備していないと、準備している間に定員オーバーになりかねないので、すぐにアップロードできるフォルダに保存しておくことをおすすめする。

募集開始時刻を予測する

ここまで読んでいただいた方々には大変申し訳ないが、現在の募集開始時刻を分析していないので直接お役に立てる情報はない。当時の私の戦略としては、毎月他の地方も含めてサイトの更新時間を収集し、おおよその募集開示時刻を予測していた。

受験戦略

申し込みが完了すればあとは受験するのみであるが、MENSAの入会テストは特に対策があるわけではなく、下記に例示するような一般的なIQテストでMENSAの入会基準を満たすスコアを獲得できている方であれば、当日落ち着いて受験することさえできれば合格することができると思う。

参考となるIQテスト

受験時に得た情報については、試験会場や試験時間、テスト問題や監督者の情報なども含め、公開は禁止とされているため、ご参考までではあるが、下記サイトのIQテストの結果はJAPAN MENSAに合格するかどうかを判断するうえで一定の目安になると考えられる。

http://test.mensa.no/

上記はノルウェーMENSAの公式オンラインIQテスト。ご参考までに、私は残り時間10分程度で解き終わり145以上(おそらく全問正解のため、「以上」となっている)のスコア。本番よりも少し簡単な印象。

https://mensa.dk/iqtest/

ご参考までに、私は残り時間20分程度で解き終わり143のスコア。本番と同等か少し簡単な印象。

私は当日のJAPAN MENSAの入会テストでは、うち1問は全く見当もつかず、うち2問は自信がなく、残りは確実に正答という手応えであった。数問は瞬間に解けない問題も想定されるため、確実に正答と思われる問題は、振り返らずに全力で解き進めることをおすすめする。

試験会場

試験会場についても情報公開が禁止されているので詳細には記載しないが、貸会議室のようなところで行われ、受付までは特に立看板や表示もなく、おそらく入会テストを受けるのではないかという行列に並ぶことになるので(並んでいる人に「MENSAの入会テストはこちらですか」と聞けばよかったのかもしれないが、聞かれた人も分からずに並んでいた可能性が高い)、ギリギリに着いて焦るよりは時間に余裕をもって会場に向かう方が無難。入会テストは落ち着いて最初から全力で解き進めることが重要なため、無駄な心的不安要素は取り除くことが肝要。

当日の例題

当日、入会テストの開始直前に数問例題が出され、受験者が理由も含めて口頭で回答するという予期しないイベントがあった。受験者の中で勇気及び自信のある者が回答を行うと思われるが、特に学生時代の授業のように当てられるものではないので、回答は心の中にとどめ安心して静観するのが良いと思われる。

合格発表

合格発表は、入会テスト受験後約3~4週間後に登録したメールアドレス宛のメールにて行われ、「テストを審査した結果、あなたはメンサ入会資格である人類の上位2%以内のIQを持つ事を示していました。」という文言にて合格という内容を伝えられる。

入会手続き方法及び会員証発行

合格発表後、入会金・年会費・会員証発行費を振り込むことで、晴れてメンサ会員となることができる。会員となった後は公式サイトにログインすることができるので、日本各地のメンサ会員と交流することが可能。新入会員については、オリエンテーションも行われているので、まずそちらに参加することで一定のつながりを得ることができるだろう。

会員証の発行には、事務局の対応次第ではあるが若干の時間を要するようで、私の場合は会員になってから約一ヶ月後に手元に届いた。

念のためこれまでの記事内容の信憑性のためにも会員証の画像を添えておく。

f:id:PEMensan:20190725235358p:plain